10台に1台が自動車保険未加入!もし事故に遭遇した際の対策

2020.07.22

10台に1台が自動車保険未加入!もし事故に遭遇した際の対策

こんにちは。

そうごう保険SHOPの菊池です。

今回は私菊池が、自動車保険への加入実態、そして万が一無保険車との事故に遭遇してしまったときの補償や対策 という内容で情報提供をさせて頂きます!

どうぞよろしくお願い致します。

 

昨今、ほぼ毎日といってよいほど連日、テレビのニュースでは交通事故に関する報道がなされております。

法定速度を超えた危険運転、ペダルの踏み間違いでの急発進や逆走など報道される内容は非常に様々で撮影を行った方々の映像や車載カメラ、ドライブレコーダーの映像から事故の危険性を感じる機会は格段に増えているように感じます。

 

車の安全性能が高まっている背景もあり、交通事故の犠牲者は減っている傾向にありますが、交通事故そのものは依然として相当数あり、年間で50万件近くもの事故が起きている現状です。

 

国内には損害保険料算出機構という組織が存在しておりますが、2020年5月に発表された「自動車保険の概況」によれば、自動車保険の加入率は全国平均で74.8%、共済契約等を含むとおよそ約9割というデータが実際に発表されております。

 

これは単純に国内でも10台に1台が自動車保険に未加入ということです。

 

自動車保険には、登録時から加入が義務付けられる自動車賠償責任保険、通称 自賠責保険、(別名:強制保険)と、登録後に任意で加入する自動車保険(別名:任意保険)で分類されています。

 

お車を所有して、公道で車を運転する以上、万が一加入していないと交通事故を起こした際に、お相手のケガの治療費や車や建物、所有物の損害を賠償することができない場合も想定されます。

これは被害者も加害者も双方に不幸なことです。

 

もし自動車保険に未加入の車が交通事故を起こしたら、強制保険である自賠責保険に加入していれば同乗者や第2当事者のケガに対する治療費は自賠責保険から補償されます。

しかしその補償額にも限度があります。

傷害賠償の限度額は120万。これは治療費だけでなく、通院のための交通費や休業補償、精神的苦痛などの慰謝料まで含んでの金額となっており、事故の後遺症や万が一お亡くなりになった場合は3,000万円が限度額となりますが、年齢や職業によっては決して十分な金額ではなく足りないケースも想定されます。

 

そんな自動車保険未加入ドライバーと交通事故に遭遇してしまったら、どうしたらよいか。

不安になってしまった方にご安心頂きたいのが自動車保険を取り扱う損害保険会社はそうしたリスクにも対応する「無保険車事故傷害特約」という特約が自動セットされております。

これは交通事故に遭った際に、お相手が保険に加入していない場合、自車の乗員のケガの治療費等をカバーするものです。

 

しかし最近では交通事故の相手の保険加入の有無にかかわらず、

ケガなどの治療費を広くカバーできる「人身傷害保険」がセットされるためお相手との示談に関係なく、治療費や慰謝料を自身の補償から保険請求が可能です。

 

もう一つ、今回お伝えをさせて頂きたかった内容が、「弁護士費用特約」です。

具体的には交通事故での示談交渉等で弁護士に依頼する費用を補償できます。

無保険車との交渉や過失に纏わる交渉等が可能となりますので、

弊社代理店でも必ず特約のご案内をさせて頂いております。

 

最近ではその弁護士費用特約の補償範囲が広がり、

自動車事故だけでなく日常生活のトラブルでも使用できるようになっております。

弁護士費用特約についてはこちらをクリック↓↓

https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/auto/total-assist/shohin/bengo.html?_ga=2.255343752.1212678823.1595403515-74919310.1533023450

 

 

先程、無保険車事故傷害特約についてはご説明をさせて頂きましたが、

この特約ではケガの補償が主となるため、自分の車の損害まで補償出来かねます。

そういった場合にこの弁護士費用特約を使用し、お相手の過失が大きければ修理代や車両の評価損を支払って頂く交渉をしていただくような依頼も可能です。本当に重要な特約となります。

 

お客様にとりまして万が一の際に必要な補償や特約などを我々は常にご案内し

ご安心頂けるよう日々応対をさせて頂いております。今回自動車保険に特化した内容で記事を書かせていただきましたが、どんなに些細なことでもご不明な点やご相談がございましたら、いつでもお気軽にお問合せ下さい。

 

お問い合わせはこちらをクリック↓↓

https://sogo-hoken.co.jp/contact/

 

 

 

今回は自動車保険における情報提供をさせて頂きました。

いつも平素より安全運転にご協力を頂き、誠に有難うございます。

 

次回、私がブログを担当させていただく際もお客様にとって有益となるお話をご提供できればと思います。今後とも引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。